取り組み方針
私たちの活動
 
 
 
第27期 取り組み方針
 
第27期に臨むにあたって
◎第27期運動方針の考え方
   私たちは、労連ビジョンの目的である「組合員一人ひとりが、より上質で満足度の高い人生を送る」ことを目指し、 「生活の豊かさ」から「心豊かな人生」に運動の幅を広げ、6つの行動領域に沿って活動を進めてきました。
 第27期前半期に労連ビジョンは節目を迎えますが、その目的は私たちの運動に於いて目指すべきありたい姿でもあることから、 第27期運動方針は、ビジョンに沿った2年間の方針とします。
◎取り巻く環境に対する認識
   私たちを取り巻く環境は、働き方を中心とした取り組みが様々な分野で進められており、重要な局面を迎えようとしています。 特に技術革新の波が広がりつつあり、様々な企業に大きく影響し始めています。
 また、政府では、長時間労働の是正などを盛り込んだ、連合と経団連の合意に基づく「働き方改革実行計画」が決定されました。
 そのような中、スバルグループの状況は、生産台数の増加や市場への対応など、製造も販売も大変忙しい状況が続いており、限られた人員で 何とかやりくりしています。組合員一人ひとりの働き方や生活など、より良くなる様に、労使が役割と責任を果たす事が必要です。
第27期に大切にする事
   第27期は労連ビジョンの最終期となります。ビジョンの目的である「組合員一人ひとりが、より上質で満足度の高い人生を送る」ことを目指し、 引き続き取り組みます。
 私たちの働き方や生活環境が大きく変化する中でも、様々な情報を的確に捉え、ワークライフバランスにつながる活動に取り組みます。
 労連に集う仲間がお互いを理解し合い一体となって取り組みます。また上部団体、自動車総連とも連携を深め、労連としての役割と責任を果たします。
【ビジョンの具現化に向けたステップ】
 
【6つの行動領域】>
 
 
具体的活動項目
1.スバルグループの基盤強化
  (1)企業基盤強化
  (2)やりがい働きがいにつながる労働条件づくり
  (3)働きやすい職場づくり
  (4)スバルグループ内の仲間づくり
  (5)国際活動に関わる取り組み
  (6)豊かな心を育む活動
  (7)男女共同参画推進計画の実践
  (8)ライフサポート制度の充実
2.社会と積極的に関わる活動
  (1)社会貢献活動
3.政策実現に関わる活動
  (1)政策・制度課題の理解を深める取り組み
  (2)産業政策に関わる取り組みやりがい働きがいにつながる労働条件づくり
  (3)働きやすい職場づくり
4.上部団体との連携
 
5.情宣活動
 
6.組織力の強化
  (1)役員育成
  (2)組織運営
  (3)各組織との連携強化
  (4)地協活動
 
ページTOP